真田幸村

楽しい盆休みが終わろうとしています。
今年のNHKの大河ドラマは真田丸。
その真田幸村がどのような最後を遂げたのか
福井市立郷土歴史博物館で正式な福井藩の記録を見てきました。
松平文庫と言われているものです。
写しが展示してありました。
事実は伝説とは異なります。
討ち取ったのは福井藩の足軽だった西尾仁左衛門。
幸村と仁左衛門は互いに馬に乗って出会ったそうです。
そこで声を掛け合って二人とも馬から降りて槍で決闘します。
槍で討ち取った仁左衛門は相手が幸村であることを知りませんでした。
首をもって休んでいるところを真田家の元家臣だった花形市左衛門が来て号泣したため
真田幸村であることがわかったそうです。
これが福井藩の記録です。


信州の上田城跡にも行きました。
夜の11時に出発したら朝早く着いてしまい涼しい6時ごろの上田城を歩きました。
犬を連れて散歩している人が多かったです。
絶景で有名な馬曲温泉の望郷の湯にも入りました。
日帰りは辛かったので今度は温泉に一泊したいです。



















岳山


粟津温泉の総湯に行くと気になる看板がある。

P8200005.jpg

その看板が岳山遊歩道散策図。

P8200001.jpg


石川県小松市粟津町の岳山に登りました。

P8200003.jpg

粟津温泉は白山信仰を開いた泰澄大師によって1300年前から始まった。
登山口には泰澄大師像が建っている。

P8200004.jpg

標高169mの低山なので登ったというより歩いた感じになってしまった。
柴山湖、木場湖、日本海が見える眺めの良い山である。

暑い日が続く中、白山に登ると涼しいと思う。
強者は早朝から頂上まで登り、夕方までに下山するそうです。
私も早く足を治して挑戦したい。